投資信託の会社選びは比較サイトのおすすめ証券会社を参考にしよう

メンズ

通貨の売買システム

パソコン

安い費用で投資ができることで有名なFXですが、その取引をする上では口座の開設が必要です。また様々な国を相手に取引をするので、各国の通貨に対応することができる銀行でなければなりません。そこで海外口座の開設です。FX用の海外口座開設で重要になってくるのが「スプレッド」と「レベレッジ」です。スプレッドは取引手数料で、その変動幅を表す単位としてpipsが使われています。これによって収入を損失も左右されます。また、レバレッジはかけの倍率です。FXの特徴は自分が持っている額以上の数倍の倍率がかけることができるのが特徴で、1万円分しか資金が用意できないという場合でもレバレッジによってそれを2万円、3万円とかける倍率を変えることができるのです。しかし、逆にいえば損をするのも同じ倍率ということになるので、ビバレッジはハイリスク・ハイリターンなのです。
海外口座を開設する際は、こういった点も注意して行なうこと必要がです。開設した口座の設定が後のFX取引に大きな影響を及ぼします。海外口座は日本国内の銀行とは違って、やり取りのほとんどは英語で行われます。そのため、多少なりとも英語を理解していなければなりません。金融機関によっては日本人担当者もいるようなので、開設の点で困った場合にはそういった担当者がいるところで相談してみるとよいでしょう。また、口座管理の維持手数料が発生することもあるのでその料金を予め把握しておかなければなりません。開設をする際は、焦らず情報を徹底的に調べたうえで行なうようにしましょう。